悪質業者もいるので要注意

ここで注意をしなければならないのは、「借金の一本化で返済を楽にします」のような債務整理の吊り言葉で取り入ってくる業者だそうです。彼らは整理屋といって、多重債務者を食い物にする悪質業者だそうです。

一本化というのは、数社に渡っている借金を一業者にまとめることだそうです。このとき、整理屋と結託した貸金業者を紹介されるそうです。つまり、そこから新たに借り入れることになるということだそうです。

債権整理をしてあげるからと言って、高額な手数料を取って、結局は何もしないということもあるそうです。あるいは業者に有利な和解案をまとめてくるということもあるそうです。

任意整理の目的というのは、借金総額の減額、無理のない返済計画の2点を貸金業者に認めてもらうことだそうです。

整理屋なんかに依頼していたら、借金の総額が増えるだけだと考えたほうがいいそうです。

弁護士などの専門家以外に、絶対に依頼してはいけないそうです。
任意整理で和解できなかったら、法的手続きをすることになるかと思います。

法的手続きというのは、自己破産や個人再生をするということだそうです。この自己破産というのは、家などの高価な財産を失うことになるそうです。

また、職業を継続できないという場合もあるそうです。そうなると個人再生をした方がいいそうです。個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2つがあるそうです。

借金をして支払えないとなると、焦ってしまってなにかに縋り付きたくなるかと思います。

それでチラシなどで、整理屋のうまい話を見てしまって、思わず連絡をとってしまうかも知れません。

必ず、専門家の弁護士に依頼するということを肝に銘じなければならないと思います。

             

過去に払いすぎた利息が返ってくる!のTOPへ